岐阜県学校職員組合:お知らせ
  1. ホーム
  2. お知らせ

全日教連の執行委員会に出席しました。(2019/04/18)

書記長の太田貴也先生も出席しました。

教育情勢の動向を聞き,各議案について討議しました。

また,夏に岐阜市で行う教育研究集会への参加のお願いをしてきました。

全日教連Facebookからどうぞ。

 

https://www.facebook.com/ntfj.net

 


31年度スタート 加入パンフと全国教研ポスターできました。(2019/04/04)



お手元に届くのが遅くなり,ご迷惑を掛け申し訳ありません。

31年度は,「チャンスをつかめ」

 

行事予定ページからダウンロードできます。


働き方改革の目的は,「子供たちに対して効果的な教育活動を行う」こと!(2019/03/20)

<私見>

効果的な教育活動ができる能力を磨かないのに,組織人としての役割を果たさないのに,

「早く帰ろう」「休みを取ろう」は,自己の仕事のマネジメント能力がない,ということです

・「早く帰る」「休みを取る」は否定しませんが,教科経営や学級経営,生徒指導の能力が高まっていなければ,働き方改革の対象者ではない,ということです。

・しかも,その結果の評価は,自分ではなく,人(保護者,住民,同僚,管理職)がするものです。

 

文科省HP

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/hatarakikata/__icsFiles/afieldfile/2019/03/18/1414498_1_1.pdf


31年度は「明」で!(2019/03/18)




 16日に新旧役員研修会を行いました。

中道局長からは,全日本教職員連盟の歴史や職員団体の価値を,太田次長は2年間の専従派遣の中で学び,会員に伝えたいことを,話していただきました。

 対象者39名中,出席30名,欠席9名(7名は欠席連絡をまめにいただきました)!よくできました!単組の役員の皆様も,出席ありがとうございました。


教育創造 第96号が発刊されました。(2019/03/18)




 岐阜からは,岐阜市学組の加藤美紀先生に寄稿いただきました。「自己選択・自己決定」について特別支援教育の視点からの実践を述べていただきました。教員は実践家であるべきです。そういう意味でこうした寄稿の仕方は意味があるのではないでしょうか。

 また,本誌は,太田貴也先生(関市学組)が編集責任者です。太田先生は,東京での専従勤務で小谷先生と親交を深め,快く寄稿に応じていただきました。

 ※画像の誌面はウェブ掲載に当たり,情報保護の観点から一部加工してあります。ぜひ,本体をお読みください。


〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南1-11-12
水産会館3階
TEL/FAX:058-272-1109

メールでのお問い合わせ

教育施策や勤務条件に関する質問やお悩みにお答えします。いつでも事務局にご連絡ください。

全日本教職員連盟